7e11e137
お財布や手元に現金がなくても、スマホひとつでお支払いができるのがLINE Payの便利なところですが、スマホ決済の急速な普及に伴いフィッシング詐欺や不正利用の手口もどんどん巧妙になっているのが事実です。
今回はLINE Payを安心・安全にご利用していただくために、みなさまに気を付けていただきたいセキュリティ対策についてご紹介します。

《TOPICS》
フィッシングサイトにご注意ください
パスワードの管理
プリペイドカードのセキュリティ対策
1)プリペイドカード情報の管理は慎重に
2)暗証番号の設定
3)インターネットショッピング本人認証サービス(Visa LINE Payプリペイドカード)
4)オンラインでのお支払いのON/OFF(LINE Payカード(JCB))
心当たりのない利用があった場合
1)パスワードの変更・利用停止
2)不正使用補償サービス


■フィッシングサイトにご注意ください

LINE PayからのSMSやメールを装い、リンク先の画面で情報の入力を求められるフィッシング詐欺が継続的に発生しております。

過去に下記情報の入力を求められるケースが発生しています。
*クレジットカード番号
*電話番号
*メールアドレス
*LINEに登録されたパスワード
*LINE Payのパスワード
*LINEログイン時に必要な認証番号

一般的に、フィッシングサイトを見破ることは困難と言われています。
LINE Payでは、SMSやメールに記載したリンクから電話番号やクレジットカード情報を入力いただくような確認は行っておりません。
LINE Payを装うSMSやメールが届いた場合、記載されたリンク先サイトへのアクセスはしないでください。

■パスワードの管理

パスワードの使いまわしや単純な文字列・数字の組み合わせにより、思わぬ不正利用の被害者になってしまうこともあります。
LINE Payではご利用者さまに6桁の数字を設定していただいています。推測可能なパスワードになっていないか、改めて確認してみてください。


■プリペイドカードのセキュリティ対策

1)プリペイドカード情報の管理は慎重に

LINE Payでは、Visa LINE Payプリペイドカード、LINE Payカード(JCB)を提供しています。家族を含む他人に貸与しない、暗証番号は推測されやすいものに設定しないことはもちろん、ネットショッピングでの利用の際も、信頼のおけるサイトであるか十分に確認をしたうえで、これらのカードを利用してください。

テクノロジーの発達とともに、不正者の手口もどんどん巧妙になってきています。そのため、どんなに気を付けていても不正利用の被害者になることがあります。
手元のカード情報の管理を適切に行うことで不正使用を防ぐことができると思われがちですが、カード番号や有効期限などのプリペイドカード情報は、0~9までの単純な数字を組み合わせたものに過ぎません。
不正利用

様々な手法を用いることによりカード情報の組み合わせを割り出すことも容易になってきており、実際に「カード番号を適切に管理していたのに・・・」というお声をいただくこともあります。

LINE Payでは様々な仕組みで安心・安全の取り組みを行っていますが、利用者のみなさまにぜひお願いしたいセキュリティ対策をここからご紹介します。


2)暗証番号の設定

Visa LINE PayプリペイドカードでのiD支払いやLINE Pay カードの券売機取引などで、暗証番号の入力を求められることがあります。他の人に推測されにくいものを設定しましょう。
LINE Payメインメニュー[プリペイドカード]>カード選択>[カードの暗証番号]から設定をお願いします。


3)インターネットショッピング本人認証サービス(Visa LINE Payプリペイドカード)

Visa LINE Payプリペイドカードは、インターネットショッピング本人認証サービス(Visa Secure)に対応しています。
これは、オンラインで使用する際に、カード会員本人であるかどうかを確認する認証システムです。本人認証サービスを導入している加盟店でのお支払い時にご利用いただけます。なお、ご利用には事前のパスワード設定が必要です。
不正使用被害を防ぐことができるため、LINE Payではパスワード設定を強く推奨しております。
LINE Payメインメニュー[プリペイドカード]>カード選択>[インターネット本人認証サービス]から設定をお願いします。



4)オンラインでのお支払いのON/OFF(LINE Payカード(JCB))

LINE Payカード(JCB)はオンラインでのお支払いをお客さまの操作で有効化・無効化することが可能です。オンラインショッピングを利用されないお客さまは、「OFF」に設定し、無効化していただくことをおすすめします。

LINE Payメインメニュー[プリペイドカード]>カード選択>[オンラインでのお支払い]から設定が可能です。
※LINE Payカード(JCB)は新規発行を終了しています。


■心当たりのない利用があった場合

ここからは、心当たりのない利用があった場合の対処方法をご紹介します。

1)パスワードの変更・利用停止

・LINE Payアカウント
LINE Pay(コード決済、オンラインショッピング、送金、チャージ)でお心当たりのない利用が発生している場合、パスワードを変更の上すみやかにカスタマーサポートへご連絡ください。

▼変更手順
①LINE Payメニュー[設定]
②[パスワード]
③[パスワード変更]の順にタップ
④現在のパスワードを入力
⑤[パスワード設定]の画面で新しいパスワードを入力
20220325-blog-002
20220325-blog-003

・プリペイドカード
Visa LINE Payプリペイドカード、LINE Payカード(JCB)で心当たりのない利用があった場合、カードを一時停止していただき、すみやかにカスタマーサポートへご連絡ください。下記でそれぞれのカードの一時停止方法をご紹介します。

【Visa LINE Payプリペイドカード】
①LINE Pay メインメニュー[プリペイドカード]をタップ
②Visa LINE Payプリペイドカードを選択
 ※LINE Pay カード(JCB)を発行していない場合は③へ進む
③LINE Payパスワードを入力
④[カードを利用]をオフ
⑤メッセージが表示されたら[確認]をタップ
⑥完了
20220325-blog-004
20220325-blog-005

※一時停止をすると、Apple PayやGoogle Payの利用もできなくなりますのでご注意ください。

【LINE Payカード(JCB)】※新規発行終了済み
①LINE Pay メインメニュー[プリペイドカード]をタップ
②LINE Payカード(JCB)を選択
 ※Visa LINE Payプリペイドカードを発行していない場合は3へ進む
③LINE Payパスワードを入力
④[カードを利用]をオフ
⑤メッセージが表示されたら[確認]をタップ
⑥完了
20220325-blog-006
20220325-blog-007

2)不正使用補償サービス

LINE Payでは、第三者による不正行為によって発生した損害を補償する制度を導入しています。送金・支払い・出金など全てのLINE Payサービス*が補償の対象となり、損害額はLINE Payがカバーします。

・・・被害者の責任が認められる場合を除きます。
・・・損害発生時から、30日以内の申し立てが必要となります。

LINE Pay お問い合わせフォームにて、ご利用の端末を選んだ上、”LINE Pay(決済サービス)”を選択し、詳細をお送りください。補償には、不正利用の発生から30日以内にご報告いただく必要がありますので、発覚次第直ちに「LINE Payお問い合わせフォーム」にお問い合わせください。

なお、LINE Payのパスワードを忘れてしまい、利用ができなくなった場合や、何らかの理由でLINE Payが使えなくなった時も、解決に向けて調査・対応いたします。上記のお問い合わせフォームよりご連絡ください。
LINE Payでは、皆さんにいつでも安心してサービスをご活用いただくため、皆さんのご意見に耳を傾けながら、より安全な環境をご提供できるように努力してまいります。

※発券端末でのチャージを依頼され、トラブルになるケースが発生しています。ご自身で他人に情報を教えてしまったことで発生した被害は補償の対象となりません。知らない人からの入金依頼にご注意ください。

詳しくは下記をご覧ください▼
LINE Cashアカウント規約(本人確認がお済みでない方)
LINE Moneyアカウント規約(本人確認がお済みの方)

LINE Payでは、お客さまの安心・安全のためにさまざまな対策を講じていますが、お客さまご自身のセキュリティ対策によってさらに安全性が高まります。不正使用をなくすために、ご協力をお願いいたします。