SEOクレカ_税金_バナー

税金を納付するとき、金融機関や税務署の窓口で納付する方法、コンビニエンスストアで納付する方法、口座振替を利用する方法などがあります。一方で、新たに利用可能となった「クレジットカード払い」を選択すれば、これまでよりも便利でお得に税金を納付できるかもしれません。

ここでは、税金をクレジットカードで支払う方法や、おすすめのカードなどをご紹介します。ポイント還元率の高い「Visa LINE Payクレジットカード」を、ぜひ税金の支払いにご活用ください。

《TOPICS》
クレジットカードで税金を支払うことはできる?
クレジットカードで税金を納付するメリット・デメリット
税金の納付に向いているクレジットカードの特徴
税金の納付にもおすすめのクレジットカード


クレジットカードで税金を支払うことはできる?

国税や地方税のうち一部の税金は、クレジットカード払いに対応しています。利用できる決済サービスは自治体により異なるため、地方税の支払いをする際は、あらかじめ確認しておきましょう。

●一部の税金はクレジットカード払いに対応

平成28年度の税制改正により、一部の国税と地方税の納付にクレジットカードを利用できるようになりました。ただし、印紙を貼り付けて納付する税金については、対象から除外されています。クレジットカード払いは、インターネットを利用した納付手続きにのみ利用可能です。税務署の窓口、金融機関、コンビニエンスストアなどでの支払いには利用できないためご注意ください。

●クレジットカードで納付できる税金の主な種類

・国税
申告所得税及び復興特別所得税
消費税及び地方消費税
法人税(連結納税を含む)
地方法人税(連結納税を含む)
相続税
贈与税
源泉所得税及び復興特別所得税
源泉所得税
申告所得税
復興特別法人税(連結納税を含む)
消費税
酒税
たばこ税
たばこ税及びたばこ特別税
石油税
石油石炭税
電源開発促進税
揮発油税及び地方道路税
揮発油税及び地方揮発油税
石油ガス税
航空機燃料税
登録免許税(告知分のみ)
自動車重量税(告知分のみ)
印紙税

上記の税金の納付は、「国税クレジットカードお支払サイト」から手続きを行います。利用できるクレジットカードブランドは、「Visa」「Mastercard」「JCB」「American Express」「Diners Club」「TS CUBIC CARD」などです。

【出典】
国税庁「クレジットカード納付のQ&A」
https://bit.ly/3byXSYE
国税クレジットカードお支払サイト
https://kokuzei.noufu.jp/

・地方税
地方税は、都道府県や市区町村によって納付できる税金や利用できる決済サービスが異なります。一般的に納付できる税金は、「住民税」「自動車税」「固定資産税」「個人事業税」「都市計画税」「償却資産税」「不動産取得税」などです。お住まいの自治体の情報をあらかじめ確認しておきましょう。

クレジットカードで税金を納付するメリット・デメリット

クレジットカードで税金を納付すると、どのようなメリットとデメリットがあるかご紹介します。ほかの納付方法と比較しながら、クレジットカードをより便利でお得に利用するためにお役立てください。

●メリット

・納税額の一部がポイントとして還元される
クレジットカードで税金を納付しても、納税額には変わりがありません。一方で、ポイント還元による節税効果が期待できるのがメリットです。ただし、クレジットカードによってはポイントが貯まらなかったり、得られるポイントに上限が設けられていたりするため、お使いのカードの詳細を確認しておきましょう。納税可能額には上限があり、利用できるのはクレジットカードの決済可能額以下となります。

・時間と場所を問わず税金を納付できる
税金のクレジットカード払いを選択すると、時間と場所を問わず便利に納付手続きができます。PCやスマートフォンからアクセスすれば、外出する必要がなく、自宅から24時間いつでも税金を納付できるのがメリットです。現金を引き出したり、納付場所まで足を運んだりする手間がなく、時間短縮につながります。

・納税履歴が一元化される
クレジットカードで税金を納付すれば、利用明細からどの税金をいつ納付したのかを確認できます。納付情報が自動的に残るため記録漏れの心配がなく、家計管理をしやすいのがメリットでしょう。

・支払日まで猶予がある
クレジットカードで税金を納付すると、実際の支払日が後ろ倒しになるため、現金が手元になくても支払いが可能です。カード会社によっては、支払い方法をリボ払いや分割払いにできる場合があります。

●デメリット

・利用者が決済手数料を負担する
税金をクレジットカードで納付すると、納付金額に応じて決済手数料を支払わなければなりません。
この決済手数料は、クレジットカード会社に支払われます。たとえば国税の場合、納付税額1万円までは76円(消費税別)、以後1万円を超えるごとに76円(消費税別)の決済手数料が加算される仕組みです。1万円ごとに約0.836%の負担が発生することに注意しましょう。

・領収書が発行されない
税金のクレジットカード払いを選択すると、領収書が発行されません。領収書の発行は現金での納付時のみと決められているためご注意ください。場合によっては、納税証明書を発行できるものの、発行までには日数がかかり、速やかに受け取れない可能性があります。

税金の納付に向いているクレジットカードの特徴

クレジットカードで税金を納付するとき、どのカードを選ぶと便利でお得に使いやすいでしょうか。最後に、国税や地方税の支払いに「Visa LINE Payクレジットカード」を使うメリットをご紹介します。

●還元率が高い

クレジットカードで税金を納付する場合、ポイント還元率が1%以上あれば決済手数料を引かれてもお得に利用できます。還元率の高い「Visa LINE Payクレジットカード」は、税金の納付にもおすすめです。初年度の還元率は3%(2021年4月30日まで)、基本還元率は1%です。ただし、1回あたりの納付につき5万円を超える分はポイントが付かない点をご確認ください。

●年会費が無料

一般的に、ポイント還元率の高いクレジットカードは、所有するために年会費が必要となることが多い傾向にあります。そのため、還元率が高くかつ年会費が無料であれば、よりお得に使いやすいといえるでしょう。「Visa LINE Payクレジットカード」は、初年度の年会費が無料です。2年目以降も、年1回以上の利用があれば年会費が無料となるため、お気軽に発行していただけます。

▼初年度年会費無料&初年度3%還元(2021年4月30日まで)のVisa LINE Payクレジットカードのお申し込みはこちらから


税金の納付にもおすすめのクレジットカード

クレジットカードで税金を納付すると、お得なポイント還元を受けられる場合があり、時間と場所を問わず便利に支払いができます。そんなクレジットカード払いのメリットを活かすなら、ポイント還元率の高い「Visa LINE Payクレジットカード」がおすすめです。税金の納付に向いているクレジットカードをお探しなら、ぜひ便利でお得な「Visa LINE Payクレジットカード」へお申し込みください。

▼初年度年会費無料&初年度3%還元(2021年4月30日まで)のVisa LINE Payクレジットカードのお申し込みはこちらから
SEOクレカーサイン画像

※このブログで使用している画像はイメージです。