クレカ病院_バナー
クレジットカードは日常生活の幅広いお支払いに利用できます。実は、お買い物だけでなく、病院の会計でも使用できる場合があります。これからは、暮らしの必要経費である医療費もカード払いにしてはいかがでしょうか?医療費でポイントを貯めたり、家計管理を一括化したり、現金での支払いよりも便利でオトクに利用できます。

ここでは、病院やクリニックでクレジットカードを使うときに知っておきたい情報をお伝えします。クレジットカードを使うメリットや、よくある質問とその回答もご紹介しますので、ぜひご一読ください。

病院でクレジットカードは使用できる?

一部の病院は、クレジットカード払いに対応しています。ここでは、病院でクレジットカードを利用する場合に知っておきたいことや、病院側のメリットをご紹介していきます。

●一部の病院はクレジットカード払いに対応

一部の病院やクリニックなどの医療機関では、クレジットカード払いに対応しています。カード払いができるかどうかは、医療機関により異なります。医療機関を受診する前に、現金以外に利用できる決済方法についてWebサイトや窓口などで確認しておきましょう。

なかには「◯◯円以上の自由診療(保険外診療)で利用可能」といった形で、カード払いに条件を設けている医療機関もあります。自由診療とは、医療保険が適用されない治療方法のことです。医療費が全額自己負担となるため、窓口での支払い金額が大きくなる傾向にあります。そのため、医療機関が自由診療のクレジットカード払いに対応していると、患者が支払いをしやすくなるのです。

保険適用外となる治療の例としては、先進医療や美容医療などが挙げられます。医療機関によっては、自由診療と保険診療のどちらもカード払いが可能な場合もあります。病院やクリニックでクレジットカードを利用するときは、条件に当てはまることをご確認ください。

●病院がクレジットカードを導入するメリット

・患者が利用しやすくなる
クレジットカードを導入すると、患者さんの利便性が高まります。より多くの患者さんから便利に利用してもらえるようになれば、結果として病院やクリニックのメリットにつながるでしょう。また、昨今では日本を訪れる外国人観光客が多くいます。海外ではキャッシュレス決済が普及しているため、訪日外国人が受診する場合に備えて、カード払いに対応する医療機関もあるようです。

・スタッフの負担が少なくなる
病院やクリニックがクレジットカード払いに対応すると、会計窓口で現金を管理する手間が少なくなります。現金を扱う機会が減ると、会計時のおつりの計算が不要となり、スタッフがお金を数え間違えるミスを抑えやすくなります。お札や小銭が少なければ、レジ締めの作業もスムーズにできるようになるでしょう。このように、病院で働くスタッフの負担が少なくなり、効率が高まるというメリットがあります。

病院でクレジットカードを使用する利用者のメリット

病院やクリニックでクレジットカードを使うと、利用者には多くのメリットが期待できます。カード払いに対応した医療機関を受診するなら、会計ではカード払いを選択してはいかがでしょうか?

●手元に現金がなくても受診できる

たまたま手元に現金がないときに、急病で医療機関を受診する可能性があります。そんなときクレジットカード払いができれば、お金を引き出すために銀行の店舗やATMへ行く必要がありません。深夜や休日で現金を引き出せない場合でも、高額な医療費の支払いに対応しやすくなります。

●衛生上のリスクを回避できる

現金の紙幣や硬貨は、不特定多数の人が触るため、雑菌が付着しているおそれがあります。このような理由から、現金払いは衛生上のリスクが懸念されているのです。現金を使用しないキャッシュレス決済を選択すれば、紙幣や硬貨に触る機会が減り、より衛生的に支払いができます。

●会計の待ち時間を短縮できる

クレジットカードを使用すると、会計時に現金を数えたり、おつりを受け取ったりする手間を省けます。こうして多くの患者さんがカード払いにすれば、会計の待ち時間の短縮につながるでしょう。体調不良のとき医療機関を受診する負担が少なくなります。

●医療費の支払いをまとめて管理できる

医療費をカード払いにすれば、クレジットカード会社への支払い日に、ほかの固定費と併せて一括で払えます。医療機関へ行くたびにお金を用意する必要がありません。また、支払い状況はカードの利用明細で確認できるため、毎月の医療費を把握しやすくなり安心です。

●ポイントが貯まる

医療費の支出は、高額となる場合があります。そんなとき、支払い額に応じてポイントを貯められるのが、クレジットカードを利用するメリットです。ポイントを貯めるための還元率は、クレジットカードにより異なります。一般的に高還元といわれるのは1%以上であるため、カードを選ぶときの参考にしてみましょう。高還元のカードをお探しの方には、「Visa LINE Payクレジットカード」をおすすめします。

「Visa LINE Payクレジットカード」は、還元率が高くポイントを貯めやすいのが特徴です。初年度の還元率が3%と高還元です(2021年4月30日まで。ポイント還元は一部の支払いを除く)。基本還元率は1%で、2021年5月以降の還元率は別途案内される予定のため初年度以降も高還元が期待できます。さらに、年会費は初年度無料で、2年目以降も年1回以上の利用があれば引き続き無料でお使いいただけます。


※一部公営の病院や診療所での支払いでポイント還元の対象外になる場合がございます。

病院でクレジットカードを使う際のよくある疑問

病院やクリニックでクレジットカードを使うとき、よくある疑問とその回答をご紹介します。医療機関での支払いに利用する前に、あらかじめ疑問や心配なことを解消しておきましょう。

●医療費控除を受けられる?

クレジットカードでの支払いも、医療費控除の対象になります。ただし、カードの分割払いやリボ払いの金利など、医療機関に支払った金額以外は控除の対象外であるためご注意ください。また、カード払いを選択したため医療費の領収書を受け取っていない場合は、別途支払い先や金額を証明できる書類を提出する必要があります。年末調整や確定申告の際は、忘れずに申請しましょう。

●医療費が限度額を超える場合はどうする?

医療費がクレジットカードの限度額を超えるとき、一時的に限度額の増枠を申請する方法があります。ただし、審査の結果によっては増枠ができない場合があります。その際、「Visa LINE Payクレジットカード」をお使いの方は、満20歳以上であれば三井住友カードのWebサイトからインターネット上でお申し込みができます。

カードご利用額一時引き上げはこちらから

ご利用予定日の1ヵ月前~1週間前までに必ずクレジットカードの名義人が行うようにしましょう。

「病院の会計でもクレジットカードを活用しましょう!」

病院やクリニックでのお支払いにクレジットカードを使うための情報をご紹介しました。カード払いに対応している医療機関もあります。導入状況は病院やクリニックにより異なるため、利用する場合は事前に支払い方法について確認しておくと安心です。カード払いは、医療機関と患者さんのどちらにもメリットがあり、魅力です。医療費の支払いは高額となる場合があるため、カード払いでお得にポイントを貯めましょう。ポイントを効率良く貯めたい方には、高還元の「Visa LINE Payクレジットカード」がおすすめです。現金よりも衛生的で、かつ便利でお得なクレジットカードを、病院の会計時にも活用しましょう。


▼初年度年会費無料&初年度3%還元(2021年4月30日まで)のVisa LINE Payクレジットカードのお申し込みはこちらから
VisaクレカCP画像


※このブログで使用している画像はイメージです。