クレカ家賃_バナー

賃貸物件で暮らすと、高額な家賃を毎月固定で支払うことになります。そのため家賃をクレジットカードで支払うことができれば、一気に多くのポイントを獲得できるためお得です。貯まったポイントは景品や商品券と交換できるため、同じ金額を現金で支払うよりもたくさんのメリットがあります。 また、家賃をクレジットカードで支払うことで、家計管理がしやすくなるなどお得な点以外でもメリットがあります。

ここでは、家賃をクレジットカードで支払うメリットと注意点をお伝えしていきます。今後、家賃をクレジットカードで支払ううえで、ご紹介する情報をぜひ参考にしてみてください。

家賃はクレジットカードで支払える?

一部の不動産会社では、家賃のクレジットカード払いが可能です。ほかにも、賃貸物件に入居するための初期費用をカード払いできる可能性があります。契約時に支払い方法を確認してみましょう。

●一部の不動産会社が対応している

一部の不動産会社は、家賃のクレジットカード払いに対応しています。不動産会社がカード払いに対応する主な理由は、家賃の回収をクレジットカード会社が行うことで、滞納による金銭的なリスクが減るためです。このように、カード払いは不動産会社にとっても大きなメリットがあります。このとき、クレジットカードの決済手数料は、不動産会社がカード会社に支払います。手数料の負担により家賃収入が減ることが理由で、カード払いに対応しない不動産会社も一部あるようです。しかし、カード払いに対応しているケースでは、不動産会社と利用者にそれぞれメリットが期待できます。これから賃貸物件への引っ越しを予定している方は、カード払いができるという条件で物件を探してみてはいかがでしょうか。

●家賃ではなく初期費用だけ対応する会社もある

不動産会社のなかには、家賃のクレジットカード払いには対応していないものの、初期費用のみ対応しているケースがあります。初期費用とは、賃貸物件の入居時に発生する、敷金・礼金・仲介手数料などの費用のことです。これらの費用は家賃よりも高額になりやすく、利用者の負担につながります。そのため、賃貸契約を結びやすくする目的で、カード払いに対応する不動産会社もあるのです。

家賃をクレジットカード払いにするメリット

家賃をクレジットカード払いにすると、どのようなメリットが期待できるのでしょうか? ポイントを貯めるため、家計管理をさらに便利にするためなど、クレジットカードならではのメリットをいくつか紹介します。

●家計管理がしやすくなる

クレジットカードは、毎月発行される明細で利用状況を確認できるため、家計管理をしやすくなるのがメリットです。しかも、家計簿のように自分で出費の内容を記録する必要はありません。食品や日用品の買い物に使うカードと統一すれば、家計の出費をまとめて把握しやすくなるでしょう。さらには、家賃のほかに水道光熱費や携帯電話の利用料金を同じカードで管理することも可能です。過去の支払い履歴を参照すれば、毎月の出費を予測して今後に備えやすくなります。

●支払いの手間が少なくなる

家賃支払いの方法には、「口座引き落とし」や「銀行振り込み」などの選択肢があります。口座引き落としでは、引き落とし日までに銀行口座へお金を入金しておく必要があります。家賃のほかにも固定費の引き落としがある場合、複数の引き落とし日を把握し、管理しなければなりません。また、銀行振り込みでは店舗やATMへ足を運ぶ手間がかかるだけでなく、場合によっては手数料が発生することもあります。家賃をクレジットカード払いにすれば、これらの手間が少なくなるのがメリットです。

●ポイントを貯めやすい

家賃は定期的に発生し、かつ大きな支出となります。だからこそ、クレジットカードでポイント還元できるとお得です。家賃をクレジットカード払いにすると、ポイントを貯めやすくなるのがメリットです。なお、クレジットカードで貯めたポイントは、景品や商品券などと交換できます。同じ金額を現金で支払う場合と比べて、よりお得なのがクレジットカードの魅力です。ポイントの還元率はカードにより異なります。効率良くポイントを貯めるには、より還元率の高いクレジットカードを選びましょう。

一般的に、還元率1%以上が高還元の目安です。そんな高還元のクレジットカードをお探しなら、「Visa LINE Payクレジットカード」をおすすめします。「Visa LINE Payクレジットカード」は、初年度の還元率が3%と高還元なのが魅力です(2021年4月30日まで。ポイント還元は一部の支払いを除く)。基本還元率は1%で、2021年5月以降の還元率は別途案内される予定です。クレジットカードの年会費は初年度無料、2年目以降も年1回以上の利用があれば無料であるため、定期的な家賃の支払いにぜひご活用ください。

▼初年度年会費無料&初年度3%還元(2021年4月30日まで)のVisa LINE Payクレジットカードのお申し込みはこちらから


家賃をクレジットカード払いにするときの注意点

最後に、家賃をクレジットカード払いにするとき、注意しておきたいことをお伝えします。クレジットカード払いのメリットを生かすために、家賃の支払いでは以下の注意点にお気をつけください。

●使えるクレジットカードが限定されている場合がある

たとえ家賃のクレジットカード払いに対応している賃貸物件であっても、使えるクレジットカードが限定されている場合があります。必ずしも希望のカードが使えるとは限らないため、契約時には注意しておきましょう。どのクレジットカードやブランドを利用できるかは、不動産会社により異なります。家賃の支払いに使いたいクレジットカードがあれば、事前に利用可能か問い合わせて確認しておくと安心です。

●家賃がポイント対象外の場合がある

クレジットカード会社によっては、ポイントを付与される条件が限定されている場合があります。なかには家賃がポイント対象外となるクレジットカードもあるため、あらかじめカード会社が提供する情報を確認しておきましょう。クレジットカード払いのメリットは、便利でお得に支払えることです。お得に利用するためにも、家賃がポイント対象となるクレジットカードをおすすめします。

●家賃が相場より高くないかチェックする

クレジットカード払いに対応している物件は、初めから家賃に決済手数料分が上乗せされて、金額が高めに設定されている場合があります。家賃が相場よりも高ければ、クレジットカードによるポイント還元を受けても、結果として損をするおそれがあるため注意しましょう。賃貸物件の家賃は、必ず周辺の相場と比較するとともに、適正価格であることをご確認ください。

「家賃をクレジットカード払いにしてポイントを貯めましょう」

家賃をクレジットカードで支払うメリットをご紹介しました。家賃は定期的に支払う固定費であり、かつ高額の支出となることが特徴です。現金払いからカード払いに変えると、ポイントを効率良く貯められるメリットがあります。さらには、家計の管理がしやすくなったり、支払いの手間が少なくなったりするのもメリットです。ただし、場合によっては使えるクレジットカードが限定されていたり、家賃がポイント対象外となったりするため、賃貸契約の前に確認しておきましょう。家賃をカード払いにするメリットを生かすなら、ポイントを貯めやすい高還元のクレジットカードがおすすめです。その際は、還元率が高い「Visa LINE Payクレジットカード」をご検討ください。クレジットカードを活用して便利でお得に家賃を支払いましょう。


▼初年度年会費無料&初年度3%還元(2021年4月30日まで)のVisa LINE Payクレジットカードのお申し込みはこちらから
VisaクレカCP画像


※このブログで使用している画像はイメージです。